日々の出来事やゲームプレイやフィギュア(もどき)作製をへろへろ書きなぐり!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


魂響~たまゆら~ 一週目感想 
2005年07月26日 (火) | 編集 |
とりあえず、魂響~たまゆら~ 一週目感想~
以下激しくネタバレ。 
とりあえず、最初はヒロインを・・・ということで、かすみEDを狙ってみました。

前回、ピロローグで那美が殺されて・・・本編はそれから一気に1年の時が過ぎていました・・・。
那美が殺されて落ち込んでるかと思いきや、冬馬は冬馬なりに過去を繰り返さないためにも頑張ってるようです。
相変わらず、1人で出歩いてかすみを怒らせているようですがw
那美はいないもののその生活はいつもと変わらないように思えます。

しかし、那美がいなくなって変わったことも。
一つは、かすみがリッパーを使役できなくなったこと。
一つは、かすみが「冬馬」ではなく「兄さん」と呼ぶようになったこと。
一つは、かすみが料理を作るようになったこと。

しかし、やっぱり本編始まって一番の違和感を感じたのはかすみが兄さんと呼んだことですね・・・。

そして、物語は再び動き出し、新しく現れる敵(?)仮面の女。
で、新しく真散と真咲が登場。
う~ん、真散あのポケポケ具合がなんともかわいいw
しかも巫女姿で買い物!うちの町にもきてくれ!
真咲さんは・・・う~ん、あまりゆーやにお姉さん属性はないんだけど、冬馬のからかいっぷりとか、かすみと仲がいいんだか悪いんだかな争いっぷりがいい感じ。
あの、かすみさえ手玉に取る真咲さんwある意味最強キャラかも知れん・・・

しかし、相変わらずこのゲームはキャラの掛け合いが面白い。
焼き芋に反応するかすみとか無言で威圧して焼き芋手中に収めるかすみとかw

という所で今回はここまで~
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。